高級おまんこを引き寄せる呪文

お万こ鑑定士

-
ある時ふと「高級おまんこ」という、ちょっと下品な言葉が頭に浮かんだ。

以来、トイレ、バスタブなど、密閉された空間では、無意識に声を出してこの言葉を発するまでになった。

もしも電車の中や、職場でこの言葉を 声に出してしまったら、軽蔑の目で見られてしまう。声に出さない ように一生懸命努力しました。ところが声に発さなくなった分、心の中でこの言葉を唱える回数は加速度的に増えていき、ついには制御不能の事態に陥った。 

その状態を半月くらい続けていたら、一つの結果が出た。 

出会い系にメールが届いたのだ。

元スッチーで、上場企業重役の娘。
蛾区臭淫大卒で、今は皇室や代議士御用達の有名人秘書。 
待ち合わせ場所をカーナビでたどると高級住宅街。 
200坪はありそうな豪邸から出てきたのは清楚な美人。 
「大丈夫?」と微笑みかけられ「あの(汗)。ぜんぜんOKです。」 
このデートの設定、半信半疑だったけど、 初デートの場所として彼女が選んだのは箱根の貸切露天風呂。 
俺はあえて行き先に触れないまま、世間話をしながら 一路箱根に向かって車を走らせ、まずは目的地に着いた。 
俺は「ここだよね?」と恐る恐る彼女の顔色を見ると、彼女は「思ったより新しい旅館ね!」と上機嫌。

本気だった! 

脱衣場に入ると、彼女は壁に向かい上品な身のこなしで服を脱ぎ始めた。彼女が全裸になる様子に見とれていると突然振り向かれて心臓は爆発寸前! 

「早くあなたも裸になったら?」と今度は俺の服を脱がし始めた。 

ところが俺を全裸にすると、さっさと露天風呂に行こうとするので「ちょ…ちょっと待ってよ!」と彼女を呼びとめ、 「俺、これから先どうしていたらいいの?(困)」と問いかけると 

「ごめん、楽にしてあげる…」と抱きついてきてDEEPキス。 

彼女は精神よりも肉体的つながりを重視する女性で、その後もSEX三昧。セフレに近い恋愛したが、これが「高級おまんこ」か・・・と潜在意識の実現を感じました。 


Posted byお万こ鑑定士